英語が苦手なら塾に通おう|克服するために

志望校に合わせた対策

中学受験を希望する場合には、独学での勉強法では難しい場合があります。このため、中学受験のノウハウを持った学習塾を利用するとよいでしょう。また、早めに塾を利用することで、自分なりの勉強法の確立もしやすくなります。

受験の武器になるように

紳士

文理ともに必要

受験をする上では、英語という教科は、文系理系を問わず必要になることから、しっかりとした対策をしておいて損はありません。特に、難関大学を受験する場合には、早めに基礎をしっかりと固めておき、そこから派生する応用問題にも積極的にチャレンジできる状態にしておく必要があります。そのためには、ぶれることのない文法の知識に加え、最低限必要な単語を身に付けて、間違いを誘発するような設問に対して、惑わされない能力を身に付けていくことです。こういった英語に対する能力は、一般的な学校の授業だけで身に付けることは困難であることから、一定レベル以上の授業を行うことができる英語塾に通っておく必要があります。多くの生徒が集まるような塾の場合、生徒によっては緊張感を持って臨むことができない場合があり、少人数制のほうが成果が上がりやすい傾向にあります。特に、質問が頻繁に行われるような環境であれば、自分の弱点を早く見つけることにつながり、結果として改善スピードも上がっていくのです。また、英語塾を選ぶ場合には、その塾を利用した生徒の受験校を見ておくことで、レベルを知ることができます。特に、国公立大学の上位校と言われるような大学への合格情報は重要であり、二次試験に多くの記述式を採用しているような学校で通用する知識を身に付けているかどうかは、大きな判断材料として使うことができます。実際、このような塾では、入塾の順番待ちをしている場合も少なくなく、良い塾選びをする上での参考になります。

子どもの教育のために

先生と生徒

中学校は義務教育なので、地域の中学校に進むためには受験は必要ありませんが、私立に進みたいのであれば中学受験が必要です。小学生のうちから塾に行くことも珍しくありませんが、夜遅くなるのは危険も伴います。名古屋は交通アクセスもよいので便利です。

高卒資格をとって道を開く

勉強道具

福岡の通信制高校は公立と私立が数校あります。私立の通信制高校に豊富な種類の学科の中から自分の興味があるものを選んで勉強することができます。公立を含め私立通信制高校では大学進学を目標にする人も増えています。自分の目的に応じて高校を選ぶようにしましょう。